SiteMap

悪徳商法としての送りつけ

いろいろな悪徳商法がありますから、これには注意しておいた方がよいでしょう。例えば、いきなりものを送りつけること、というのがあります。これは代引きなどでいきなりものを送ってきて、思わず支払ってしまう、ということを狙ってやる悪徳商法です。こうすることによって、そこまで高くないものをかなり割高で売ることができる場合があります。
例えばカニとか果物なんかを売ることが多いです。実際に物を受け取ってしまっているので、泣き寝入り、というよりはまぁいいか、と考えてしまう人が多くいるのです。そうした心理を狙っている悪徳商法であるといえるでしょう。なかなか避けるのが難しいことでもあります。悪徳商法というのは、まずは相手の隙をつくことがありますから、これはよくよく注意しておいた方がよいでしょう。
悪徳商法は気をつけていてもいきなり嵌ってしまうことがあるのです。ですから、少しでも変な話には引っかからないように常に意識をしておくようにしておきましょう。送りつけることなどは避けることができないのです。まして、送られてきたものだから、と受け取ってしまう人は多いのです。こうした手口をよく知っておくとよいでしょう。そうすれば上手く避けることができます。

Update Article

2017年05月29日

悪徳商法はどうしても

騙される、というのは騙された人も悪いという意見がありますがそんなことはなく、普通に騙した方が悪…

MORE ▶

2017年05月29日

悪徳商法としての送りつけ

いろいろな悪徳商法がありますから、これには注意しておいた方がよいでしょう。例えば、いきなりもの…

MORE ▶

2017年05月29日

悪徳商法でよくあるのが

最近は気軽にインターネットに触れることが増えているのでそこで悪徳商法に引っかかる、という人が多…

MORE ▶

2017年05月29日

私が体験した悪徳商法

悪徳商法は、さまざまな手口がありますが、私が被害にあったのがお得なサービスが受けられる会員に入…

MORE ▶

Update Post