SiteMap

悪徳商法には相談してみんなの力で解決を

近年では、インターネットの普及などもあり様々な悪徳商法が蔓延しています。また、手口も巧妙化していてついつい騙されてしまったというケースも珍しくありません。特に春の季節は、新社会人になる方が多いので注意が必要です。
悪徳商法で最近よく聞くのが内職やインターネットビジネスに関するものです。簡単な作業でスマートフォンやタブレットなどでも簡単に出来るなどと謳い、月に数十万円稼げるなどと宣伝して人を集めて、最初に講習や仕事を紹介するのに必要だなどといっていらない高額な商品を売りつけるのが流行っています。特に、副業や内職を探している方は注意しましょう。こういった問題に巻き込まれた場合は1人で対処しようとしない事です。1人でなんとかしようとするとパニックになってしまい、冷静な判断が出来ないこともあります。
まずは、専門機関に相談をして協力を仰ぎましょう。また、訪問販売や業者などに扮してやってくる悪徳商法も多いので頼んでいないもの目的のわからない訪問者には毅然とした態度で断りましょう。曖昧な態度は相手につけ込まれてしまいます。絶対に1人で問題を抱えこまずに相談をすることが大切です。1人で問題を抱えても解決できませんので専門機関に相談をしましょう。

悪徳商法に騙された場合は相談をしよう

物の売買、サービスの購入などをした場合、対価を支払うわけですがそれが騙されている場合もあるわけです。それが悪徳商法であり、こちらの望んだものではないことを騙されて買ってしまうことが世の中にはあるのです。端的に詐欺であればわかりやすいのですが悪徳商法の中にはなかなかわかりにくかったり、詐欺とは一概には言いがたいこともあり、なかなか難しいことになりますから、一般人には悩ましいものがあるのです。
しかし、それでも相談をすることがまずはお勧めできます。それは警察へ相談をする、ということです。消費者相談センターでもよいのですが、手っ取り早く、警察にいくことがお勧めできます。別に相談をすることにさらにお金がかかるわけではないのです。騙されたなんて恥ずかしいと思うかもしれませんが、それが悪徳商法をやっている側の狙いでもあるのです。
キチンと相談をして、さらに被害が拡大する前にしっかりと返金させることです。或いは摘発、となることもあります。ですから、まずは警察に行くようにしましょう。親身に相談に乗ってくれることでしょうから、その点はそこまで心配することはないでしょう。警察も悪徳業者は駆逐したいと考えているのです。

悪徳商法に引っかかったら相談

世の中には悪い人がいるもので、商売をするのにも真っ当なやり方ではなく、あくどい方法を使って、より多くを儲けようとすることがあるのです。そうした行為を悪徳商法というのですが程度の差はいろいろとあります。場合によっては返還、返品のために動く方が時間的ロスが大きいことすらあります。しかし、かなり大きくあくどいことをされたのであればそれはキチンと警察に相談するべきでしょう。
もちろん、僅かな金額てあろうとも悪いことは悪いのですから時間的なことを考慮しないで警察にいくのはありです。悪徳商法というのは、何かとか錯誤を利用したことが多いです。つまりは、相手にはっきりといわなかったり、或いは誤解するような言い方をしたりするわけです。効果がないのに効果がありそうな言い方で販売する、というのも一つの常套手段になっています。
得をすると思わせて、それが損になる、ということです。例えば宝石なんかを買うときに、これはルビーです、といわれて買ったのはよいですがその価値が明らかに低いルビーであった、ということも悪徳商法であるといえるでしょう。素人には宝石の価値はわかりにくいですから、高い価値であると思わせて買わせたりするわけです。こうしたやり方に引っかかったらまずは警察に行くことです。あるいは弁護士や悪徳商法に関する相談センターで相談することも大切です。

Update Article

2017年05月29日

悪徳商法はどうしても

騙される、というのは騙された人も悪いという意見がありますがそんなことはなく、普通に騙した方が悪…

MORE ▶

2017年05月29日

悪徳商法としての送りつけ

いろいろな悪徳商法がありますから、これには注意しておいた方がよいでしょう。例えば、いきなりもの…

MORE ▶

2017年05月29日

悪徳商法でよくあるのが

最近は気軽にインターネットに触れることが増えているのでそこで悪徳商法に引っかかる、という人が多…

MORE ▶

2017年05月29日

私が体験した悪徳商法

悪徳商法は、さまざまな手口がありますが、私が被害にあったのがお得なサービスが受けられる会員に入…

MORE ▶

Update Post